株主優待券を使う前に情報収取から!ここまでサービスが違います

- ANAの優待をスムーズに

ANAの優待をスムーズに

ANAの株を保有して株式優待を受けたい。
そのような方は「ANAホールディングス(全日本空輸)」の株を購入することになります。
皆さんもご存知の通りに、日本を代表すると行っても良いほどの大手航空会社であり、国内線においては約何と5割のシェアを誇っているんです。
ANAの株主になることで様々な優待をうけることができます。
航空チケット関係としては、片道一区間の料金が半額になるという優待券が配布されます。
頻繁に利用されるという方や旅行などに行かれる際に飛行機を活用したいなどと言うときにはかなりお得ですよね。
年に2回、この優待券は配布されます。
「株主優待券」と「株主特別優待券」という2種類が配布されるのですがその違いというものはあるのかと気になる方もまたいらっしゃるでしょう。
答えから言うと、性能そのものに差というものはありません。
ただ有効期限の設定上の関係で、上半期発行分が「株主優待券」・下半期発行分が「株主特別優待券」という違いにわかれているのです。

また注意していただきたいのが住所に関してです。
株主優待券は郵送で届く形となります。
全ては「登録住所」に送ることになりますので、その他の住所を指定することはできません。
ですので、転居や住所変更などがありましたら、登録住所の変更手続きを行うようにしましょう。
どうしても転送をしたい。
そのような場合でしたら「受診場所指定」の申請作業が必要となります。
各手続きに関しては、株式を預けている「本人口座」のある証券会社にて行います。
特別口座にて管理している株式においては「特別口座管理機関」に連絡する必要があります。
証券会社にて受信場所指定の手続きなどが出来ないという時には株主名簿管理人に相談することが必要となります。
このようにある程度の工程が必要となりますので、基本的には登録住所に送るという形が良いかと思い間す。
また「信用買い」の場合についても触れておきましょう。
信用買いの場合も優待券は配布されるのかと気になる方もいらっしゃるでしょう。
あくまで株主名簿に記録された方が対象となります。
ですので、信用買いの場合ですと株主優待券は配布されませんのでご注意ください。
詳細説明が欲しいと言う場合は、各証券会社にて回答してくれますので問い合わせてみると良いでしょう。
このようなことを知っておくと、イザという時にも便利ですし安心して優待券を配布・利用出来るかと思います。

  « 前の記事: を読む